MENU

病院看護師から健診看護師への転職

病院看護師から健診看護師への転職は仕事の負担を考えるのであればお薦めと言えます。
実際、病院看護師の仕事内容は忙しく負担や責任の大きな仕事であるため、しんどくなる事は珍しくありません。日々の生活の看護だけでなく、様々な疾患に対応する必要があります。
また、近年患者さんが増加している疾患である悪性腫瘍に対して使用される抗癌剤の取り扱いは、専門的知識だけでなく緊張感をもって行う事が求められるので神経をすり減らしながら仕事をする事にもなります。

 

キャリアアップを目指している方であれば病院看護師という仕事はお勧めですし、少ししんどいのであれば病棟から外来看護師に変わるなどの方法もありますが、すべての看護師が向上心に満ちあふれている訳ではありません。妻として家計を支えたいという理由で副業的に仕事を続けたいという方にとっては病棟看護師は少しハードすぎるかもしれません。

 

そういった方にお薦めなのが、前述した健診看護師です。仕事の内容は健康健診であり、重度の疾患を抱える方と出会う機会は限られてきます。

 

そのため大変さはある程度軽減されますが、病棟とは異なる仕事内容があります。それは患者さんへの生活指導です。生活習慣病を抱えている人達に健康の意識をなんとか持ってもらえるように、セルフケア能力を向上させる事が求められます。
そのため仕事内容が楽だからといって、病棟や在宅などを経験しない看護師では勤まらない仕事ですので、その点だけは理解しておきましょう。

 

健診看護師求人に強い看護師求人サイト

 


健診関連リンク集