MENU

健診看護師として働く為のスキル、経験

看護師のできる医療関係の仕事では健康診断の作業を手伝うものがあり、それなりに給料が高いので人気があります。
そのような仕事をする人を健診看護師といい、夜勤が少ないので負担が小さいといわれています。

 

この仕事をする時はある程度スキルが必要だといわれますが、要求されるのは検査の看護技術です。
健康診断ですから基本的に検査をするだけなので、そういう技術があればこの仕事をすることができます。
健診看護師で要求される能力としては採血や血圧の測定、そして心電図を見る能力になります。

 

特に採血は大量の行うことになるので、かなり慣れていな上手くいかないことがあります。
健診看護師で必要とされるスキルは基本的なものが多いので、ある程度実務経験があれば問題なく行う事ができます。
そういう経験がない人の場合は、クリニックなどで受けられる研修を利用してみるといいです。

 

採血などは経験をつめる研修が定期的に開かれているので、そういうものを利用すれば実力をつけることができます。
健診看護師で必要とされる能力はかなり高いものですけど、採用される時点ではそれほど能力が高くなくても問題ないです。
この仕事につく時にチェックされるのは基本的なことができ、その経験がどの程度あるのかということです。
そのため非常に高い能力がないといけないわけではないので、ある程度の経験を積んでおけば採用されやすいです。

 

また心電図をみたり血圧計を使う能力も必要なので、そういうことについても学んでおくと効果的です。

 

健診看護師求人に強い看護師求人サイト

健診の現場で喜ばれる看護師とは

健診の看護師として働く場合、働く職場で多少は変わりますが、多くの患者さんの健診をする現場、出張健康診断などの場合、看護師としての仕事で喜ばれるのが採血のスキルがある方です。

 

健診看護師を始めよると思われている方で、採血が苦手な方は、採血スキルがないと健診の現場では苦労することが多くなるので、スキルは高めておく必要があります。
健診看護師の現場では、採血をする人数も多くスムーズさも要求されます。採血だけではありませんが、健診看護師希望なら最低限、採血が得意でないと苦労するかもしれません。

 

また、健診看護師の現場でも出張健診、学校や企業などに出向いて社員や生徒の健康診断を行う業務ですが、1日の人数も多く同じ仕事を100人以上こなさなければいけないことも少なくありません。
単純な仕事ですが、同じ仕事をすることは意外に大変に思われる方も少なくなく合わない方も少なからず居ますので、健診看護師への転職などをお考えの看護師さんは、この辺りも理解したうえで転職に踏み切ったほうが良いと思います。

健診関連リンク集