MENU

健診看護師の巡回車での仕事とは

健診看護師,巡回車,学校,企業,健康診断,仕事

健診看護師は、施設健診や巡回車で地域、事業所、学校などを回り、健康の維持、増進、疾病の予防や早期発見を目的として地区住民や事業所の社員などの健康診断を行うことを仕事とします。

 

一般的な検査項目には身体計測、視力検査、聴力検査、血圧測定、血液検査、心電図などの生活習慣病の検査を中心に行いますが、依頼者によって検査内容が違うこともあります。

 

健診看護師は、予約をもらった施設に健康診断の開始時間に合わせてでかけ、健診をおこなう部屋に検査で必要な機材や道具を運搬するなどして会場の準備をします。たくさんの人数を検査するため、効率よく検査が受けられるような設置をその場で考えることが必要で、時間も限られているため手際よく作業をしなければなりません。

 

その日によって受け持つ検査の担当が変わることがあり、特に採血においては、一度にたくさんの人の血液を採ることになるので、健診がスムーズに行われるよう、採血の技術が必要となります。

 

巡回車での健診は、一日にいくつかの場所を移動しながら仕事をすることになるため、片付けにおいても機敏さが必要となります。
その日の巡回が終わると、健診を受けた人の用紙の記入漏れや記入ミスがないかを確認したり、心電図の波形チェックなどを行い、正確な検査の結果がでるように、基本的な間違いがないかをきちんと確認します。

 

また、健診センターにおいて受付や電話の応対、入力作業などの事務業務を行うことも、健診看護師としての仕事となります。

 

健診バイト看護師求人に強い看護師求人サイト


健診関連リンク集