MENU

病院看護師のと健診看護師の違い

病院看護師,健診看護師,違い

看護師の働き方の一つに、健診センターで働く健診看護師があります。
健診センターとは、人間ドックやがん検診、一般の健康診断などを主に行っている施設のことです。
健診センターにおける健診看護師の仕事は、採血、血圧測定、聴力、視力検査、心電図などの検査及び、医師のサポートなど様々です。
大勢の人が同時に健診に訪れることもあり、臨機応変に適切な対応ができることが大切です。
病院看護師と健診看護師との大きな違いは、夜勤や休日出勤がないことです。
そのため、家庭と仕事の両立がしやすい職場であると言えます。
また、病院看護師は、病人やその家族相手の仕事になりますが、健診看護師は、病人ではない健常者相手の仕事であるということも大きな違いです。
そのため、コミュニケーションスキル、適切な接客マナーなどが必要と言えるでしょう。
健診センターでの仕事は、手術や治療を行う医療現場とは違い、検査が中心となる職場なので、医療技術のスキルアップはあまり望めない職場と言えるでしょう。
また、夜勤がないため、病院看護師と比べると収入は低くなります。
とはいえ、看護師にとっては、働きやすい職場であるには変わりなく、とても人気がある職種となっています。
健診センターでの求人は、正職員の他、派遣、単発などの短期のアルバイトでの求人もあるようです。
ただし求人数は限られているのが実情のようです。
看護師の転職専門サイトでは、健診センターでの求人情報も扱っています。
非公開求人も扱っているので、上手に利用したいものです。

 

健診看護師求人に強い看護師求人サイト


健診関連リンク集